■最新情報/NEWS


2017.10.15

大田原愚豚舎最新映画『地球はお祭り騒ぎ』チケット販売開始!!

 

10月15日、第30回東京国際映画祭公式サイトにて、日本映画スプラッシュ部門に正式出品される、映画『地球はお祭り騒ぎ』のチケット販売が開始されました。

『地球はお祭り騒ぎ』は、『そして泥船はゆく』『七日』『プールサイドマン』に続く大田原愚豚舎の最新映画です。

 

上映日は

 

10月28日(土)13:25 -

 

10月31日(火)15:00-

 

これがワールドプレミア上映となります。

詳細は映画祭公式サイトさまよりご確認くださいませ。

http://2017.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=63

 

 

■日本映画スプラッシュ

■地球はお祭り騒ぎ/Party 'Round the Globe 

■監督:渡辺紘文

■ヒューマンドラマ/コメディ

■ワールド・プレミア

 

■作品解説

北関東郊外の小さな町。電子機器を扱う小さな町工場で働く本田光(今村樂)は、愛犬のリンゴと穏やかな生活を送っている。ある日、本田は同僚のビートルズマニア・平山隆文(渡辺紘文)とともに、東京ドームで開催されるポール・マッカートニーの来日コンサートへ行くことになるのだが…。第29回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門において『プールサイドマン』が作品賞を受賞。その後もカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭など世界各地の映画祭で絶賛され、今や世界が最も注目する日本映画の作り手にまで成長した渡辺紘文・雄司兄弟最新作。ふたりのビートルズマニアの静かな生活と奇妙な旅路を通し、生きることのおかしさ、悲しさ、騒がしさを描いた珠玉のロードムービー。

■作品情報

 

■監督 渡辺紘文

 

1982年栃木県生まれ。2013年、実弟の映画音楽家・渡辺雄司とともに映画制作集団大田原愚豚舎を旗揚げ。故郷である栃木県大田原市で独自の映画創作活動を展開し、『そして泥船はゆく』(13)『七日』(15)『プールサイドマン』(16)と、製作した映画のすべてが東京国際映画祭に出品されるなど高い評価を獲得している。最新作である本作は4本目の長編監督作品で、3年連続4度目の東京国際映画祭への参加となる。

 

■スタッフ

製作総指揮/脚本/編集/監督 : 渡辺紘文

製作総指揮/音楽監督 : 渡辺雄司

撮影監督 : 方又玹

製作 : 渡辺秀樹

製作 : 渡辺あけみ

絵本 : 今村幸治郎

 

■キャスト

今村 樂

リンゴ

渡辺紘文

井野勝美

井野亮子

渡辺あけみ

黒崎宇則

渡辺雄司

平山ミサオ


2017.10.13

大田原愚豚舎作品『七日』『プールサイドマン』東京公開全日程終了!!

 

新宿武蔵野館にて2週間に渡り上映してきた『プールサイドマン』ですが13日を持ちまして全日程終了いたしました。

『プールサイドマン』上映にご来場くださいました皆様、誠にありがとうございました。心より感謝申し上げます。

期間中ご来場くださいました皆様に心より感謝申し上げます。

期間中は私たちの想像を越え、思いがけなくたくさんの方に両作品ともご観賞いただきました。

今回の上映を通し、私たち大田原愚豚舎は多くの方々に感謝しております。

上映にご来場くださいました皆様、素晴らしいお言葉をお寄せくださいました監督さんたち、そして小畑勝範さん、そして3週間に渡り僕たちの作品を上映してくださった新宿武蔵野館のすべての皆様、本当にありがとうございました!!

 

『七日』『プールサイドマン』東京公開は全日程が終了しましたが、今年の大田原愚豚舎はこれでは終わりません!!

 

大田原愚豚舎第4回作品『地球はお祭り騒ぎ』が、10月25日より開催される第30回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に正式出品されます!!

 

『地球はお祭り騒ぎ』は『そして泥船はゆく』『七日』『プールサイドマン』に続く、大田原愚豚舎の4本目の長編映画になります。

 

宜しければ東京国際映画祭の上映に遊びに来ていただけましたら幸いです。

 

それではまた!!

第30回東京国際映画祭でお会いしましょう!! 


2017.10.1

『プールサイドマン』が公開初日を迎えました!!

 

大田原愚豚舎第三回作品『プールサイドマン』公開初日、無事終了いたしました。

ご来場頂きました皆様、誠にありがとうございました。

心より感謝申し上げます。

舞台挨拶には、渡辺紘文(監督)、弟・渡辺雄司(音楽監督)、主演の今村樂君(主演)が登壇致しました。

『プールサイドマン』は、9月30日から10月13日まで新宿武蔵野館にて2週間限定レイトショーとなります。

皆様のご来場心よりお待ちしております。

本日は10月1日ファーストデーということで1100円で『プールサイドマン』もお得にご観賞頂けます。

また、『七日』の半券をお持ちの皆様は公開期間中1300円でお得に『プールサイドマン』をご観賞頂けます。

ぜひご来場ください。


2017.10.16

シネマズby松竹金曜シネマナビに渡辺紘文監督が登場!!

 

シネマズby松竹さまの金曜シネマナビに、大田原愚豚舎の映画監督渡辺紘文が書いた文章が掲載されました。

渡辺紘文監督が影響を受けた映画として、山田洋次監督の名作『息子』が紹介されています。

皆様、是非ご一読いただき、山田洋次監督の『息子』をご観賞いただけましたら幸いです。

宜しくお願い致します。

 

https://cinema.ne.jp/friday/musuko2017092917/


2016.9.26

 情報解禁!!

   大田原愚豚舎最新作『地球はお祭り騒ぎ』

   第30回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門正式出品決定!!

 

本日、情報解禁となりました。

大田原愚豚舎第4回作品・渡辺紘文監督最新作『地球はお祭り騒ぎ』が、第30回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に正式出品されることが映画祭より正式に発表されました。

10月25日に開幕する映画祭本番に向けて、今後、続々と情報が更新される予定です。皆様、続報をお待ち下さい。

また、現在、東京の新宿武蔵野館において、大田原愚豚舎第2回作品『七日』が上映中です。

9月30日(土)からは大田原愚豚舎第三回作品『プールサイドマン』の上映もはじまります。

大田原愚豚舎作品をスクリーンで一挙にみれるチャンスです。

どうぞお見逃し無く!!

NEW!! 2017.9.23

 

緊急公開決定!!

第28回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門正式出品作品・大田原愚豚舎第二回作品『七日』

 

9月23日(土)より新宿武蔵野館にて1週間限定レイトショー公開!!

 

新宿武蔵野館公式サイト:http://shinjuku.musashino-k.jp/movies/3580/

 

上映期間: 9月23日(土)~9月29日(金)まで【1週間限定、夜1回の上映】

 

上映時間: 連日21:00より(本編:1時間50分)

 

栃木で旗揚げされた映像制作集団「大田原愚豚舎」が2015年に制作した長編映画第2作。

舞台は北関東の農村。年老いた祖母と二人で暮らし、牛舎で黙々と働く男の7日間を描いている。都会には見られない自然の中で、繰り返される日常の生活。セリフはなく、モノクロの映像で、静かに二人の暮らしを切り取っている。

本作品は2015年の第28回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門で上映され、その後は劇場未公開でしたが、本作を手掛けた「大田原愚豚舎」の最新作『プールサイドマン』の9月30日(土〉公開を記念致しまして急遽9月23日~9月29日までの1週間限定で公開が決定いたしました。

是非この機会に幻の名作を見逃さないように!


NEW!!2017.8.30

 

【大田原愚豚舎第二回作品『七日』9月23日より、新宿武蔵野館にて緊急公開決定!!!】

 

速報です!!

 

9月30日よりはじまる『プールサイドマン』の公開に併せ、大田原愚豚舎第二回作品『七日』の公開が急遽決定致しました!!

http://cinefil.tokyo/_ct/17113318

 

第28回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門出品作品において、唯一の未公開映画であ映画『七日』が製作から2年を経て悲願の公開となります!!

 

『七日』は、9月23日(土)より、新宿武蔵野館にて1週間限定のレイトショー公開となります!!

 

皆様、この本当に貴重な『七日』の観賞機会をどうぞお見逃しなく!!

 

以下、cinefil様の記事より転載となります。

 

 

緊急決定!東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞『プールサイドマン』の公開に伴い渡辺兄弟の幻の映画『七日』が1週間限定公開が決定!

 

 

第29回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門作品賞受賞作品

『プールサイドマン』いよいよ公開!!

公開に併せて渡辺兄弟の幻の映画『七日』も1週間限定公開が決定!!

 

 

昨年開催された第29回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門において最高賞である“作品賞”を受賞し、その後、世界最大の日本映画祭ニッポンコネクションにおいても最高賞であるニッポン・ヴィジョンズ審査員賞 NIPPON VISIONS JURY AWARD 2017を受賞、さらに第52回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭をはじめ第13回ユーラシア国際映画祭、フィリピンのCinemalayaなど世界各地の有力な国際映画祭に次々と出品され大きな反響を呼び起こしてきた映画『プールサイドマン』が、9月30日(土)より、新宿武蔵野館において2週間限定でレイトショー公開されます。

 

そして『プールサイドマン』の公開に先駆け、9月23日(土)より新宿武蔵野館において、映画製作集団大田原愚豚舎が2015年に製作した映画『七日』が、1週間限定でレイトショー公開されることが正式に決定しました。

 

映画『七日』は、北関東の農村で、年老いた祖母と二人で暮らす牛飼いの男の七日間の生活を描いた映画で、大田原愚豚舎の渡辺紘文・渡辺雄司兄弟が2015年に制作。

第28回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に正式出品され話題となった映画ですが、そのあまりにも実験的で前衛的な作風から大きな賛否を呼び、長らく未公開作品、幻の映画ともいえる作品となっていました。

 

このたび、世界各地の映画祭で絶賛の声が相次ぎ、海外映画祭を中心に上映オファーが殺到している『プールサイドマン』の東京公開と併せて、その原点ともいえる『七日』が制作から2年を経て、満を持しての日本公開となります。

 

渡辺紘文監督 コメント

 

「半ば諦めかけていた『七日』の公開がこのたび正式に決定し、大きな喜びを噛み締めています。

このたび『七日』の公開を決定してくださった新宿武蔵野館様には言葉もないほど感謝の気持ちでいっぱいで、もう僕は死ぬまで新宿武蔵野館様に足を向けて眠ることはできません。

『七日』は自分たちが一番苦しい時期に制作した、大田原愚豚舎にとって最も重要な作品とも言える一本です。上映機会の限られる映画であり、また映画館で見なければ意味のない映画だと思いますので、『プールサイドマン』と併せて『七日』をぜひこの機会にご観賞いただきたく思います」

 

尚、『七日』の観賞チケットの半券を『プールサイドマン』の上映で提示した場合、観賞料金の割引が適用されます。

 

新宿武蔵野館において計3週間に渡り上映される『七日』と『プールサイドマン』

 

故郷である栃木県大田原市を拠点に独自の方法で映画製作を続け、今や世界が最も注目する日本映画の創り手となった映画製作集団、大田原愚豚舎の渡辺兄弟の世界観を知ることができるまたとないチャンスとなります。

NEW!! 2017.8.28

 

【下野新聞朝刊に渡辺紘文監督が寄稿した文章が掲載されました。】

 

『プールサイドマン』新宿武蔵野館での日本公開まで33日。

 

本日の下野新聞朝刊に、『プールサイドマン』監督の渡辺紘文が寄稿した文章が掲載されております。

 

『プールサイドマン』のフィリピンのシネマラヤ映画祭出品や、カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭出品に関するお話です。

 

栃木県の皆様、ぜひ手にとってご一読下さい。

 

下野新聞様、ありがとうございました。

 

以下、転載です。

 

【寄稿】渡辺紘文監督(大田原)

 

「プールサイドマン」海外映画祭上映/  狂気をはらむ社会映し賛否/テロとの闘い続くフィリピン

 

 

昨秋の東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞し、海外映画祭への出品が続く渡辺紘文監督(大田原市在住)の「プールサイドマン」。反響などについて渡辺監督に寄稿してもらった。

 

 

8月4日の朝、成田空港からフィリピンのマニラへ飛んだ。

 

「プールサイドマン」がフィリピンで開催される第13回シネマラヤ映画祭に出品されるためだ。

昨年の東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞した「プールサイドマン」は、フィリピンが8カ国目の海外映画祭への出品で、僕自身が海外映画祭に渡航するのは2カ国目、7月には音楽監督で弟の渡辺雄司(わたなべ・ゆうじ)とカメラマンのバン・ウヒョンと共にチェコのカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭に参加してきたのだが、今回は一人旅である。

 

フィリピンへ行きたいのには理由があった。

 

一つはフィリピンの映画界が今、世界的に見ても大変に盛りあがっている、その状況をひと目みたい、体験したいということだった。もう一つは、イスラム国に代表されるテロリズムなど、世界にまん延する狂気や悪意、人間の暴力性を扱った「プールサイドマン」という映画がどのように受け止められるか。フィリピンのミンダナオ島では現在もイスラム国との戦闘が続き、戒厳令が敷かれている。映画に対する同国の人々の受け止め方を直接、身をもって知りたいと思ったからである。

 

「プールサイドマン」は上映前から熱心な映画ファンが長蛇の列をつくり、400人を収容する会場はあっという間に満員の客で埋め尽くされた。

 

この映画は、その作品内容を含め、白黒映像、長回し、執拗(しつよう)な生活描写などから上映するたびに各地で賛否両論を巻き起こしてきた。ここフィリピンでもやはり、賛否を含んださまざまな反響があったが、上映後に行われた質疑応答では熱心な質問や感想が次々と飛び出し、映画の作り手としては、とても報われた気持ちになった。

 

映画祭関係者やフィリピンの映画ファンの皆さまには心より感謝している。

 

3日間の短いフィリピン滞在を終え、日本に帰国した僕は、現在9月30日から東京の新宿武蔵野館で始まる「プールサイドマン」の公開に向け準備を進めている。

狂気をはらんだ現代社会に生きる日本人とは何なのかを追求した「プールサイドマン」は、見るに値する映画になったと自負している。    

一筋縄でいく映画ではないのだが、ぜひ多くの人々に届いてほしいと思うし、私たちの生きる世界を、そして私たち日本人を考える一つのきっかけとなってくれればうれしいと思う。


2017.8.22

【『プールサイドマン』9月30日(土)より国内公開!!】

 

第29回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門作品賞受賞&第17回ニッポンコネクションNIPPON VISIONS JURY AWARD受賞!!
大田原愚豚舎第三回作品『プールサイドマン』9月30日より新宿武蔵野館にて2週間限定レイトショー公開!!

http://shinjuku.musashino-k.jp/movies/3235/

 

いよいよ9月30日よりはじまる国内公開が近づいてきました『プールサイドマン』。

大田原愚豚舎作品としては、2014年の12月に公開された『そして泥船はゆく』以来、実に3年ぶり、悲願の新作公開となります。

 

昨年の東京国際映画祭への出品以来、第52回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭をはじめ、ユーラシア国際映画祭、Cinemalayaなどの有力な国際映画祭に次々と出品され、高い評価を獲得、大きな反響と議論を呼び起こしてきた『プールサイドマン』がいよいよ日本に再上陸、まもなくそのベールを脱ぎます。

 

私たち大田原愚豚舎にとりましても、待ちに待ち望んだ日本公開です。

 

皆様どうぞお楽しみに。

 

上映時間、観賞料金等、詳細は決定次第お知らせいたします。


2017.8.18 

【映画祭レポート/第13回Cinemalaya(フィリピン)】

 

8月5日フィリピンのマニラで開催されたフィリピン最大のインディーズ映画の祭典、第13回Cinemalayaにて、大田原愚豚舎第三回作品『プールサイドマン』のフィリピンプレミア上映が行われました!!

 

大田原愚豚舎からは監督の渡辺紘文がフィリピンへゲストとして渡航致しました。

渡航初日、渡辺紘文監督はシネマラヤ映画祭のオープニングに参加、昨年の東京国際映画祭においてアジアの未来部門で作品賞を受賞したオープニング作品であるミカイル・レッド監督の『バードショット』を観賞し、映画のスタッフやキャストの方々との再会を喜びました。

 

翌日は『プールサイドマン』のフィリピンプレミア上映です。

 

『プールサイドマン』のフィリピンプレミアに、映画祭の会場は400人もの人たちでぎっしりと埋まり大きな盛り上がりをみせました!!

 

渡辺紘文監督は舞台挨拶とQ&Aに登壇。

 

ここフィリピンにおいても『プールサイドマン』は、その作風と内容から大きな反響と議論を呼び、Q&Aにおいても監督と観客とのあいだで熱いやり取りが行われました。

 

フィリピンの皆様、映画祭関係者の皆様、そして国際交流基金の皆様、本当にありがとうございました!!


NEW!!2017.7.22

 

In August

Foolish Piggies Films "POOLSIDEMAN" will be screened at CInemalaya !!

 

こちらも公式に情報解禁となりました!!

 

フィリピン最大のインディーズ映画祭Cinemalayaに『プールサイドマン』が出品されます!!

 

大田原愚豚舎からは監督の渡辺紘文が現地へ行き、映画祭に参加する予定です。

 

フィリピンの人々に『プールサイドマン』はどのように受け止められるのでしょうか?

 

続報をお待ちください!!

http://www.cinemalaya.org/


NEW!! 2017.7.22

 

本日7月22日、カザフスタンでいよいよ第13回ユーラシア国際映画祭が開幕します。

http://eurasiaiff.com/

『プールサイドマン』はEurasian Panorama部門への出品で、現地時間23日の20:00より、Chaplin Cinemasというとても素敵な名前の劇場で上映されます。

http://eurasiaiff.com/wp-content/uploads/2017/06/SETKA-POKAZOV-ENG.docx.pdf

カザフスタンの皆様に、『プールサイドマン』がどのように受け止められるのか、緊張とともに、とても楽しみです。

『プールサイドマン』の旅は、昨年の第29回東京国際映画祭を皮切りに、フィンランド、アイルランド、ドイツ、イタリア、ペルー、チェコと周り、カザフスタン、フィリピンの映画祭へと上映が続いてゆきます。

そして、9月30日からは、新宿武蔵野館にて、いよいよ国内公開を迎えます。

日本のみなさま、『プールサイドマン』の国内公開まで今しばらくお待ちください。


NEW!!2017.7.21

大田原愚豚舎第三回作品『プールサイドマン』がフィリピンで開催される2つの映画祭に出品されます。

http://lifestyle.inquirer.net/267710/emerging-directors-wide-range-genres-20th-eiga-sai-2/

EIGASAIという20回目を迎える日本映画祭と、フィリピン最大のインディーズ映画の祭典Cinemalayaという2つの素晴らしい映画祭です。

フィリピンに『プールサイドマン』監督の渡辺紘文が渡航する予定です。

フィリピンの皆様に『プールサイドマン』がどのように受け止められるのか、楽しみです。

 

■Emerging directors and wide range of genres in 20th Eiga Sai

 

Since its inception in 1997, the Eiga Sai film festival, annually staged by Japan Foundation and the Embassy of Japan, has been more than a showcase of films that highlight Japan’s culture and national identity—it’s also a unique cradle for filmmakers who have helped propel Japan’s cinematic evolution.

So it is only fitting that two promising tyro directors—Ryota Nakano and Hirobumi Watanabe—took center stage as their films headlined Eiga Sai’s 20th anniversary, which held its grand launch on July 6.

Nakano, whose film “Her Love Boils Bathwater” kicks off Eiga Sai’s gala night, was this year’s special guest director. Watanabe’s “Poolsideman” will premiere during the Cinemalaya Independent Film Festival in August, which also marks the second year of its alliance with Eiga Sai.

Hiroaki Uesugi, director of Japan Foundation, told the Inquirer: “By bringing two directors from Japan to the Philippines, we would also like to show that a wide genre of high-quality films, not only animated films, are being produced in Japan, and there are quite a few emerging directors in Japanese cinema.”

 

■Heavyweight newcomers

 

Though relative newcomers in the industry, both filmmakers could already boast of several accolades under their belt.

Nakano, for one, won best director for his 2012 film, “Capturing Dad,” during the 9th Skip City International D-Cinema Festival, and was nominated for best director for “Her Love Boils Bathwater” during the 40th Japan Academy Awards this year.

Meanwhile, Watanabe won the Japanese Cinema Splash’s best picture award at the 2016 Tokyo International Film Festival for “Poolsideman,” for which his brother Yuji was producer and composer. It was also the only Japanese film to win during the festival that year.

 

■Cultural exchange

 

Nakano held a Director’s Talk session after his film’s premiere on July 8. The Watanabe brothers, meanwhile, will have a talkback session on Aug. 5 during Cinemalaya at the Cultural Center of the Philippines.

Through this year’s Eiga Sai, Uesugi said, these up-and-coming filmmakers will be given a rare opportunity to talk with Filipino audiences to stimulate the creation of their future films and contribute more to the flourishing body of Japanese cinema.

“Additionally, [these] sessions contribute to dialogue and conversation between filmmakers of the Philippines and Japan, providing opportunities for film and cultural exchange,” he added.

And it is in that spirit of fostering mutual understanding that Eiga Sai, for 20 years, has brought Filipinos together to celebrate Japanese culture. Nakano and Watanabe’s films are just two of the festival’s stellar 20-strong lineup, which this year is a mélange of genres and generations.

Among the anticipated films are the Oscar-winning music drama “Departures” (2008); romantic film “Memories of You” (1998); jidaigeki “The Magnificent Nine” (2016); and animated films “In This Corner of the World” (2016) and “The Anthem of the Heart” (2015).

“[These] films offer a glimpse into the interesting lives of Japanese people, which we hope will fuel Filipinos’ curiosity and interest and start conversations about Japanese culture,” Uesugi said.

The 20th Eiga Sai will have screenings until July 16 at Shangri-La Plaza Cineplex, Edsa, Mandaluyong.

Ongoing until Aug. 29, the film fest will tour other Metro Manila venues and Baguio, Cebu, Davao, Bacolod, Iloilo.


NEW!! 2017.7.18

カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭が閉幕したばかりですが、7月22日から28日、カザフスタンのアスタナで開催される第13回ユーラシア国際映画祭に大田原愚豚舎第三回作品『プールサイドマン』が出品されます。

http://eurasiaiff.com/

 

『プールサイドマン』が出品されるのは、

ユーラシア国際映画祭のEURASIAN PANORAMA部門です。

 

昨年の第29回東京国際映画祭から海外への旅が始まった『プールサイドマン』は、カザフスタンが8カ国目の海外映画祭参加国となります。

 

ユーラシア国際映画祭は1998年よりはじまった、中央アジアの大変重要な映画祭なのですが、このような素晴らしい映画祭で『プールサイドマン』を上映していただけることを、私たちは心より光栄に思います。

 

残念ながら今回、大田原愚豚舎のメンバーのカザフスタンへの渡航は叶いませんが、カザフスタンの皆様に『プールサイドマン』がどのように受け止められるのか大田原愚豚舎一同、緊張とともにとても楽しみにしております。

 

『プールサイドマン』は国内では9月30日より、東京の新宿武蔵野館にて公開がスタート致します。

 

皆様、『プールサイドマン』の日本公開までいましばらくおまちください


【カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 レポート4】

第52回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭でも大きな反響を呼んだ『プールサイドマン』は、今後、カザフスタンで開催されるユーラシア国際映画祭、フィリピンで開催されるCinemalayaなどへの映画祭へ出品されます。

そして9月30日より東京・新宿武蔵野館にていよいよ日本公開となります。

まもなくですね!!

皆様、どうぞお楽しみに!!


【カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 レポート3】

 

第52回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭のクロージングは、7月8日の18:00より盛大に行われました。

『プールサイドマン』は今回、Another view部門への出品ですので、コンペ対象作品とは違い賞に絡むことはありませんが、受賞式では多くの感動的な場面が繰り広げられました。

 

クロージングセレモニーが終わったあと、大田原愚豚舎の渡辺兄弟は「本当に素晴らしい映画祭だった。こんな映画祭に参加できて本当に幸せだ。もっと成長した姿でこの映画祭に戻って来たい」と、力強く言っていました。

 

カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭に参加したことで、渡辺兄弟のやる気に再び炎が灯ったようです。

 

皆様、大田原愚豚舎の今後にもぜひご期待ください。


【カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 レポート2】

 

第52回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭にて『プールサイドマン』4回目(渡辺監督たちが到着してから2日目)の最終上映も、上映前から長蛇の列が出来、約300名収容できる会場はあっというまに大入り満員となりました。

 

この上映では、一部途中退席者も出るなど、一度目の上映と比べ少しピリッとした雰囲気の上映となりました。

 

Q&Aでは、上映されるごとに各地で賛否を呼んでいる渡辺作品の手法や内容に関する質問の他、日本社会や日本人についての質問が監督の渡辺紘文に飛び、渡辺監督は質問に対し熱心に答えていました。

 

カルロヴィ・ヴァリでの最終上映も、『プールサイドマン』は多くの反響を呼んだようです。


【カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 レポート1】

6月30日から7月8日までチェコで開催された第52回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭。

大田原愚豚舎からは監督の渡辺紘文、音楽監督の渡辺雄司、撮影監督のバン・ウヒョンが映画祭に参加致しました。

『プールサイドマン』は上映前から映画館の前に行列ができ、カルロヴィ・ヴァリの方々は本当にあたたかい拍手で大田原愚豚舎の3人を迎えてくださいました。

このような歴史ある素晴らしい映画祭で、素晴らしいお客様たちに我々の映画をみていただけることを思い、大田原愚豚舎一同、本当に心から感激しました。

上映後は客席から多くの質問が飛び交い、時に熱く、時に和やかにQ&Aは進行しました。

『プールサイドマン』の第一回目の上映は大盛況のうちに終了いたしました。

http://www.kviff.com/cs/novinky/2200-uvod-k-filmu-plavcik


NEW!! 2017.6.24

6月30日より開催される第52回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭。

大田原愚豚舎からは、監督の渡辺紘文と音楽監督の渡辺雄司そしてキャメラマンのバン・ウヒョンが現地へ行きます。

『プールサイドマン』が出品されるのは【アナザー・ビュー部門】(Another View)です。

素晴らしいラインナップです。

 

『プールサイドマン』の公式上映は4回行われる予定です。詳細は映画祭公式サイトにてご確認下さい。

http://www.kviff.com/en/programme/film/4822558-poolsideman/

 

【アナザー・ビュー部門】(Another View)

 先行する映画祭で上映された、新鋭監督の作品や意欲作を上映する部門。全20作品。

 

・“The Nothing Factory(A fábrica de nada)”(ポルトガル) 監督:Pedro Pinho

・“Jeannette, the Childhood of Joan of Arc(Jeannette, l’enfance de Jeanne d’Arc)”(仏) 監督:ブリュノ・デュモン

・“Quality Time”(オランダ・ノルウェイ) 監督:Daan Bakker

・“Austerlitz”(独) 監督:セルゲイ・ロズニタ(Sergei Loznitsa)

・“Axolotl Overkill”(独) 監督:Helene Hegemann

・“The Misandrists”(独) 監督:ブルース・ラ・ブルース

・“Requiem for Mrs. J.(Rekvijem za gospođu J.)”(セルビア・ブルガリア・マケドニア・ロシア・仏) 監督:Bojan Vuletić

・“Stockholm My Love”(スウェーデン・英) 監督:Mark Cousins

・“Menashe”(米・イスラエル) 監督:Joshua Z Weinstein

・“City of the Sun(Mzis qalaqi)”(ジョージア・米・カタール・オランダ) 監督:Rati Oneli

・“Centaur”(キルギスタン・仏・独・オランダ・日) 監督:アクタン・アリム・クバト(Aktan Arym Kubat)

・“White Sun(Seto Surya)”(ネパール・米・カタール・オランダ) 監督:Deepak Rauniyar

・『プールサイドマン』“POOLSIDEMAN(Pûrusaido man)”(日) 監督:渡辺紘文

・“Freak Show”(米) 監督:Trudie Styler

・“April’s Daughter(Las hijas de Abril)”(メキシコ) 監督:ミシェル・フランコ(Michel Franco)

・“The Family(La familia)”(ベネズエラ・チリ・ノルウェイ) 監督:Gustavo Rondón Córdova

・“Araby(Arábia)”(ブラジル) 監督:Affonso Uchôa、João Dumans

・“Los Perros”(仏・チリ) 監督:Marcela Said

・“Kingdoms(Reinos)”(チリ) 監督:Pelayo Lira

・“The Last of Us(Akher Wahed Fina)”(チュニジア・カタール・UAE・レバノン) 監督:Ala Eddine Slim

NEW!! 2017.6.18

【『プールサイドマン』第 52 回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭正式出品&日本公開決定!!】

 

お知らせです。

 

大田原愚豚舎第三回作品『プールサイドマン』が第52回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭のAnother view部門に正式出品されることが、同映画祭より正式に発表されました!!

http://cinefil.tokyo/_ct/17089042

 

そして今秋、9月30日より新宿武蔵野館にて『プールサイドマン』が2週間レイトショー公開されることが決定致しました!!

 

昨年の東京国際映画祭より、約1年を経ての公開となりますが、日本の皆様に漸く『プールサイドマン』を観て頂けることを大田原愚豚舎一同、心より幸せに思っております。

 

『プールサイドマン』は日本公開に向けて今後もう暫く海外映画祭を周ることになりそうです。

 

日本の皆様、ぜひ9月の『プールサイドマン』の公開を楽しみにお待ちいただければ幸いです!!

 

それでは皆様にお会いする日を楽しみにしております!!

 

大田原愚豚舎一同

 

■東京国際映画祭最高賞受賞作品・渡辺兄弟最新作『プールサイドマン』

   第 52 回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭正式出品&日本公開決定!!

 

第 29 回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門において最高賞である“作品賞”を受賞した、渡辺紘文監督作品『プールサイドマン』が、 6月 30日よりチェコのカルロヴィ・ヴァリで開催される東欧最大の国際映画祭 第 52 回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭に正式出品されることが 16日、同映画祭より正式に発表されました。

 

また、国内では今秋 9月 30日より、新宿武蔵野館での 2 週間限定レイトショー、他全国順次公開が決定しております。

『プールサイドマン』は栃木県大田原市出身の映画監督・渡辺紘文と映画音楽家・渡辺雄司兄弟が主宰する映画製作団体“大田原愚豚舎”による、『そして泥船はゆく』『七日』に続く同団体の第三回製作作品。

 

北関東郊外の静かな町を舞台に、プール監視員として働く孤独な男が起こした“ある衝撃的な事件”を描いた異色の人間ドラマで、昨年の東京国際映画祭での受賞に続き、今年の5 月にドイツで開催されたニッポンコネクションにおいても、グランプリに当たるニッポン・ヴィジョンズ審査員賞 NIPPON VISIONS JURY AWARD 2017 を受賞するなど、国内外の映画関係者や映画ファンから高い評価を獲得しています。

 

カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭のアーティスティック・ディレクターのカレル・オフ氏は、今回の出品について 「『 プールサイドマン』の監督渡辺紘文は、いま日本で最もエキサイティングな若き映画の創り手である」と言葉を寄せています。

今回『プールサイドマン』が出品されるカルロヴィ・ヴァリ国際映画祭は、 1946 年に設立された世界的にも歴史のある映画祭であり、ヨーロッパでも最も重要な映画祭のひとつ。

 

国際的にも注目度の高い同映画祭において『プールサイドマン』がどのような反響を呼ぶのかが期待されています。

『プールサイドマン』は、今後も海外映画祭での上映が続々と決定しており、満を持して決定した今秋の国内公開への期待が高まっています。

 

■第 52 回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭公式サイト:

http://www.kviff.com/en/programme/film/4822558-poolsideman/

 

【プールサイドマン】

世界の狂気や悪意とは隔絶されたような北関東郊外の小さな町。水原勇介は屋内温水プールで監視員として働いている。家族も友人も恋人もいない水原の生活は、単調に繰り返される日々が続く孤独なものだ。

ある日、水原は流行り病で欠員が出た隣町のプールへ、嫌われ者の同僚・白崎浩二と共に応援として出勤することになるのだが…。

東京国際映画祭をはじめ国内外の映画祭に出品され反響を呼んだ『そして泥船はゆく』『七日』の渡辺紘文・雄司兄弟による最新作。主演はこの作品が映画初出演となる今村樂。

独自の世界観と表現方法で挑戦的な映画を創造し続ける渡辺兄弟が、現代日本社会の歪みをあぶり出し、不可解な現代日本人像を追究する衝撃作。

 

【スタッフ】

製作 / 脚本 / 編集 / 監督 : 渡辺紘文

製作 / 音楽監督 : 渡辺雄司

撮影監督 : 方又玹

 

【キャスト】

今村樂 / 渡辺紘文 / 戸田古道 / 鈴木仁 / 武田美奈 / かりん / 中山真由美 / 中川文子 / 蜂巣友紀子 / 黒崎宇則 / 平山ミサオ

 

【映画制作集団 大田原愚豚舎について】

映画制作集団 大田原愚豚舎は、 2013 年、映画監督の渡辺紘文と映画音楽家 渡辺雄司兄弟によって旗揚げされた映画制作団体。

渡辺兄弟の故郷、栃木県大田原市を拠点に独自の映画創作活動を展開し、旗揚げ以来、精力的に作品を製作・発表・上映し続けている。

渡辺兄弟が製作した長編映画『そして泥船はゆく( 2013 )』 『七日( 2015 )』 『プールサイドマン( 2016 )』 は、三作連続で東京国際映画祭への正式出品を果たし、最新作『プールサイドマン』では東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門の最高賞である作品賞を受賞。さらに世界最大の日本映画際ニッポンコネクションにおいて、ニッポン・ヴィジョンズ審査員賞 NIPPON VISIONS JURY AWARD 2017 を受賞するなど、その作品は国内外で高い評価を受けている。

団体名の“大田原愚豚舎”は日本映画界の巨匠 今村昌平監督の長男 天願大介氏が命名した。


NEW!!2017.5.31

 

【下野新聞朝刊に『プールサイドマン』の記事が掲載されました。】

 

本日の下野新聞朝刊に『プールサイドマン』のニッポンコネクションでの受賞の記事が掲載されております。

栃木県内にお住みの方は是非お手にとって見てみてください。

また、ネットからも見ることもできますので、是非ご覧ください。

 

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/region/news/20170531/2706651

 

下野新聞様、ありがとうございました!!

 

以下、転載。

 

【独の日本映画祭で最高賞 大田原市在住の渡辺監督】

  

【大田原】

 

市内在住の映画監督渡辺紘文(わたなべひろぶみ)さん(34)の作品「プールサイドマン」が、23~28日にドイツ・フランクフルトで開催された世界最大の日本映画祭「ニッポン・コネクション」で部門グランプリに当たる「ニッポン・ヴィジョンズ審査員賞」を受賞した。

同映画祭は民間主体で運営され、映画のほか生け花や日本食の紹介など日本文化も紹介。

前回は約1万6千人が来場したという。

17回目を迎えた今回は「シン・ゴジラ」などメジャー作品から自主制作まで幅広い日本映画の近作100作品以上が6部門で上映され、各賞が決まった。

「プールサイドマン」はテロをテーマに現代日本人が抱える不安感を投影した社会派作品で、ほぼ全編を市内で撮影した自主制作映画。音楽監督は弟の渡辺雄司(ゆうじ)さん(32)。昨年の東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ部門グランプリの「作品賞」に輝いた。

今回、ニッポン・コネクションに招待出品され、日本国内外の映画関係者によって審査され同賞に選ばれた。

渡辺監督は「寝耳に水で驚いた。本当に小さな製作体制でつくったこの映画が受賞できたことで、日本映画の新しい可能性を少しでも示せたのではないか」と喜んでいる。

 

(樺沢修)


NEW!!2017.5.30

【映画ナタリーにニッポンコネクションの記事が掲載!!】

 

映画サイト“映画ナタリー”にニッポンコネクションの受賞結果の記事が掲載されました。

「プールサイドマン」についても触れられております。

“映画ナタリー”さまありがとうございます。

http://natalie.mu/eiga/news/234641

 

以下、転載。

 

【独ニッポン・コネクション、名誉賞に輝いた役所広司が登壇】

 

現地時間5月23日から28日までドイツ・フランクフルトにて開催された第17回ニッポン・コネクションの受賞結果が発表された。

 

ニッポン・コネクションは、邦画を対象とした映画祭。

 

観客が選ぶニッポン・シネマ賞には西川美和の「永い言い訳」が輝き、ニッポン・ヴィジョンズ部門の観客賞には生まれつき耳の聞こえない監督の今村彩子が自転車で日本縦断するドキュメンタリー「Start Line」が選出された。

 

山下敦弘ら審査員が同部門審査員賞に選んだのは、テロリズムと日本人をテーマに渡辺紘文が監督した「プールサイドマン」。そして同部門審査員のスペシャル・メンションは、春本雄二郎監督のヒューマンドラマ「かぞくへ」が受賞した。

 

またセレモニーには、ニッポン名誉賞を受賞し、主演作「日本のいちばん長い日」が上映された役所広司が参加。日本映画に貢献する映画祭主催者へ感謝を述べた。

 

なお第18回ニッポン・コネクションが、現地時間2018年5月29日から6月3日に開催されることも決定している。

NEW!!2017.5.30

【『プールサイドマン』がニッポンコネクションにて

 ニッポン・ヴィジョンズ審査員賞   NIPPON VISIONS JURY AWARD 2017を受賞致しました!!】

 

ドイツから速報です!!

 

なんと大田原愚豚舎第三回作品『プールサイドマン』がニッポンコネクションでNIPPON VISIONS JURY AWARD 2017(ニッポン・ヴィジョンズ審査員賞)を受賞致しました!!

 

 

私たちは今回現地へ行くことが叶わなかったため、今回の『プールサイドマン』の受賞は、まったく寝耳に水の話でとても驚いているのですが、日頃より応援してくださる皆様、映画祭にご来場くださいました皆様、ニッポンコネクションのスタッフおよび関係者の皆様、審査員の皆様に心より感謝申し上げます!!

 

そして、今回現地へ行けなかった私たちのために、映画上映前に「プールサイドマン」についてお話をしてくださいました、山内ケンジ監督、海外展開を協力くださっている植山さんにも御礼申し上げます!!

 

これからも大田原愚豚舎は奢ることなく日々努力を重ね映画作りに邁進してゆきます!!

 

本当にありがとうございました!!

 

Vielen Dank!!


NEW!!2017.5.31

【プールサイドマン、ニッポンコネクションでの上映終了!!】

 

大田原愚豚舎第三回作品『プールサイドマン』、ニッポンコネクションでの上映終了いたしました!!

 

22:30からの上映にも関わらず満員御礼!!

 

ご来場いただきました皆様、そして上映前に『プールサイドマン』についてお話してくださいました山内ケンジ監督、『プールサイドマン』海外展開にご協力くださっている植山さん、そしてニッポンコネクションスタッフの皆様に心より感謝申し上げます!!

 

本当にありがとうございました!!

 

Vielen Dank!!


NEW!!2017.5.26

【ニッポンコネクション『プールサイドマン』上映前に山内ケンジ監督がご登壇くださることになりました!!】

お知らせです。

 

本日5月26日(金)『プールサイドマン』がドイツのフランクフルトで開催中のニッポンコネクションで現地時間22:30より上映されます。

 

私たちは残念ながら今回は現地に行けないのですが、なんと映画上映前に『At the terrace テラスにて』をニッポンコネクションに出品されている山内ケンジ監督が『プールサイドマン』についてお話をしてくれることになりました。

 

そのことに関しましては大田原愚豚舎一同、山内監督に言葉も無いほど感謝の気持ちでいっぱいです。

 

山内監督には3年前の東京国際映画祭でお会いして以来ずっとお世話になりっぱなしで、何も恩を返せていないのですが、本当にありがとうございます。

 

また海外担当をお手伝いしてくださっている植山さん、ニッポンコネクションの皆様にも心より感謝申し上げます。

 

『プールサイドマン』はぜひ多くの皆様に観ていただきたい映画ですし、観ていただくに価する映画だと思います。

 

上映は1日のみとなりますが、みなさまぜひご覧くださいませ!!


NEW!!2017.5.25

【5月26日、ニッポンコネクションで『プールサイドマン』が上映されます。】

 

ドイツのフランクフルトにて、世界最大の日本映画祭第17回ニッポンコネクションが開幕しました。

『プールサイドマン』は明日、現地時間26日(金)、22:30より、Naxoshalle Kinoにて上映されます。

大田原愚豚舎のメンバーは映画祭に参加できませんが、ドイツ フランクフルトの皆様にはぜひ映画を楽しんでほしいです。

どうぞ宜しくお願いいたします。

Tomorrow,POOLSIDEMAN will be screened at the Nippon Connection!!

Friday, May 26, 22:30 Naxoshalle Kino (117 min)

 

■POOLSIDEMAN

■Friday, May 26, 22:30 Naxoshalle Kino

■Japan 2016, Blu-ray, 117 min, Japanese with English subtitles

■Director & script: Hirobumi WATANABE

■Production: Foolish Piggie Films

■Camera: Woohyun BANG

■Music:Yuji Watanabe

■World sales: Article Films

■Cast: Gaku IMAMURA, Hirobumi WATANABE, Misao HIRAYAMA, Takanori KUROSAKI, Kodo TODA

■German premiere

■Competition Nippon Visions Jury Award and Nippon Visions Audience Award

 

【STORY】

Mizuhara works as a lifeguard at a local swimming pool. Leading a lonely and monotonic life, no one is aware of what lurks beneath his cool surface. POOLSIDEMAN, winner of the “Japanese Cinema Splash Award” at the 2016 Tokyo International Film Festival, creates a tense atmosphere with long takes and monochrome images while developing a psychogram of its inscrutable protagonist.

 

【Director’s Bio】

Hirobumi WATANABE was born in Tochigi Prefecture in 1982. After graduating from the Japan Institute of the Moving Image, he founded his own production company with his brother, film composer Yuji. Since directing his first feature film, AND THE MUD SHIP SAILS AWAY, he is a regular at the Tokyo International Film Festival.

Filmography

2013 And the Mud Ship Sails Away (Soshite dorobune wa yuku / NC ’14); 2015 7 Days (Nanoka) 


NEW!! 2017.5.15

【『プールサイドマン』映画祭出品のお知らせ】

大田原愚豚舎第三回作品『プールサイドマン』が、5月23日よりドイツのフランクフルトで開催される世界最大の日本映画祭第17回ニッポンコネクションに出品されます。

http://www.nipponconnection.com/nc-2017-japanese.html

 

『プールサイドマン』が出品されるのはNIPPON VISIONSという部門で、現地時間5月26日(金)の22:30より、Naxoshalle Kinoにて上映となります。

映画のご観賞をお考えの皆様におかれましては、ぜひこの機会に『プールサイドマン』をご観賞いただけましたら幸いです。

 

詳細は映画祭公式サイトにてご確認ください。

http://www.nipponconnection.com/program-detail/poolsideman-en.html

 

 

POOLSIDEMAN

 

Friday, May 26, 22:30 Naxoshalle Kino

 

Japan 2016, Blu-ray, 117 min, Japanese with English subtitles

 

Director & script: Hirobumi WATANABE

 

Production: Foolish Piggie Films

 

Camera: Woohyun BANG

 

Music:Yuji Watanabe

 

World sales: Article Films

 

Cast: Gaku IMAMURA, Hirobumi WATANABE, Misao HIRAYAMA, Takanori KUROSAKI, Kodo TODA

 

German premiere

 

Competition Nippon Visions Jury Award and Nippon Visions Audience Award

 

 

STORY

 

Mizuhara  works as a lifeguard at a local swimming pool. Leading a lonely and monotonic life, no one is aware of what lurks beneath his cool surface. POOLSIDEMAN, winner of the “Japanese Cinema Splash Award” at the 2016 Tokyo International Film Festival, creates a tense atmosphere with long takes and monochrome images while developing a psychogram of its inscrutable protagonist.

 

Director’s Bio

 

Hirobumi WATANABE was born in Tochigi Prefecture in 1982. After graduating from the Japan Institute of the Moving Image, he founded his own production company with his brother, film composer Yuji. Since directing his first feature film, AND THE MUD SHIP SAILS AWAY, he is a regular at the Tokyo International Film Festival.

Filmography

2013 And the Mud Ship Sails Away (Soshite dorobune wa yuku / NC ’14); 2015 7 Days (Nanoka)


NEW!!2017.3.29

【『プールサイドマン』がアイルランドの映画祭で上映されます!!】

 

4月1日よりアイルランドで開催される“JAPANESE FILM FESTIVAL 17”に、

大田原愚豚舎第三回作品『プールサイドマン』が出品されます。http://www.jff.ie/

 

『プールサイドマン』は現地時間4月8日の15:30より、

Light House Cinema, Market Square, Smithfield, Dublin 7での上映となります。

詳細は映画祭公式サイトにてご確認下さい。

http://www.jff.ie/films/movie-info.html?movieID=2477

 

先月、フィンランドのヘルシンキで開催されたHelsinki cine aasiaに続き、『プールサイドマン』は2カ国目の海外映画祭参加となります。

 

果たしてアイルランドの方々に『プールサイドマン』はどのように受け止められるのでしょうか。

 

続報をお待ち下さい。

  

JFF: Poolsideman

https://lighthousecinema.ie//showing/showing-31036

 

Director: Hirobumi Watanabe

Starring: Gaku Imamura, Hirobumi Watanabe, Misao Hirayama, Takanori Kurosaki

Release Date: Sat 29 Oct 2016

 

SYNOPSIS

 

JAPANESE FILM FESTIVAL 2017

 

Yusuke lives a lonely life in a suburb north of Tokyo. He eats breakfast, he drives to work at the local pool, he watches the TV news and listens to the radio. All the while, he barely says a word. Even when he is forced to drive his chatty co-worker Koji to a neighbouring pool, Yusuke just sits in total silence. Beneath this calm but cold exterior, however, there is something dark brewing within Yusuke. As he sits listening to news of atrocities from around the world, there is an anger brewing up inside this young, lonely man.

 

With Poolsideman, Hirobumi Watanabe - working in close collaboration with his brother Yuji - has created a probing, provocative study of modern alienation. Shot in evocative black & white, the film’s long takes cut right through Yusuke’s repetitive existence to explore a very damaged individual. It goes deeper too, examining the potential consequences of relentless news coverage and social isolation. Aided by a pair of committed performances from Gaku Imamura and Hirobumi Watanabe himself, the fascinating Poolsideman is quite unlike anything else in modern Japanese cinema.

 

HIROBUMI WATANABE (born 1982) is a graduate of the Japan Institute of the Moving Image. In 2013 he co-founded the production group Foolish Piggies Films with his brother Yuji. Their debut film And The Mud Ship Sails Away (13) was followed the silent film 7 Days (15). Poolsideman is the third feature from the Watanabe Brothers. 


NEW!! 2017.3.25

【新たに『七日』に届いた皆様からのお言葉。】

 

先日、vandalism渋谷で『七日』をみてくださった方が、早くも感想などをかいてくださっていますのでご紹介させて頂きます。

 

皆様、素晴らしいご意見、ご批評、本当にありがとうございます。

 

【皆様から新たに届いた『七日』の感想】

 

渋谷の秘密基地みたいな素敵なBARで痺れる映画を観ましたよっと🎬

大田原愚豚舎第2回作品『七日』。

一昨年のTIFF以来でしたが、新たな発見もいっぱいで素晴らしかったなぁ〜✨✨

イタリアのニューレアリズムを観てる気になったり、実はあの唄お婆ちゃんが歌ってるんじゃないの?と妄想したり…

第3回作品『プールサイドマン』と併せてもっともっと沢山の人に観て欲しい❣️

 

VANDRISM渋谷で「七日」を鑑賞してきました。

頭の中であの力強い音楽と、シーンがチカチカと絵のように焼きついています。

静かに過ぎていく時間が、この親子が喋っている時はどんな感じなんだろうと、気になりました。

七日に出てくる人物はきっと何年もこの毎日を過ごしていろのだろうけど、この当たり前のルーティーンを体に溶け込ませるまでに前々からこの生活をしていたのかなぁ。

 

渡辺紘文監督『七日』鑑賞。

かなりストイックな作品。平凡な日常を、執拗に繰り返し描く狂気。ごくごく当たり前に過ぎ去っていく日々に、恐ろしさすら感じる。『プールサイドマン』再見したいな。都内で大田原愚豚舎作品の特集上映をやってほしいな。

 

『七日』途中退席者続出とか賛否両論も納得の映画だけど自分は嫌いじゃなかった。

煙草を吸いながら観られる空間で観たのもよかったのかも。

映画館でみたらまた印象が変わると思う。

 

昨日渋谷のVANDALISMで渡辺紘文監督の「七日」を鑑賞。‬

‪これは音を楽しむ映画だな。‬

‪上映終了後の渡辺監督と宇賀那健一監督とのトークでも触れていたが、いろんな裏メッセージも詰まっていて深いです。‬

TIFFで途中退席した方たちにはそれがわからないのだろうな。

 

面白かったです。タイトルの出方でちょっと笑ってしまったりして。

ドイツの歌もアイヌの歌もいまでも耳に残っています。

またもう一度観たいです。

 

渡辺監督へ

vandalism渋谷で『七日』を観賞させていただきました。

見逃してからずっと観たいと思っていたのですが、やっと観ることができました。

そして期待通りに、いや期待以上に、これこそが映画だと思わせる素晴らしい作品でした。

モノクロで描かれた北関東の田園風景、風の音や牛の鳴き声などの自然音、そして雄司さんの音楽が今もリフレインするように頭に焼きついていて、今もその衝撃を日常に引きずっています。

この映画が劇場未公開だなんて本当に勿体無いですね。

公開された際にはもう一度必ず観に行きます。

素晴らしい映画をありがとうございました。

 

映像も音楽も素晴らしく、面白かったです。

鳥のさえずりやカラスの鳴き声、鶏のコケコッコーもとても印象的でキャストが少なくても密度の濃い、というかそれぞれのシーンが美しく心地よかったです。渡辺監督のお腹も素敵でした。

次回作も楽しみにしています!!

 

渡辺紘文監督作品『七日』をみた。

アフタートークで監督たちも言っていたが、確かに新藤兼人の『裸の島』やタルベーラ『ニーチェの馬』を想起させる。

しかしそこに寓話性は無い。

映画全体を支配するのは北関東で祖母と暮らす牛飼いの男の日常生活を徹底して描くリアリズムだ。

執拗な繰り返しと長回しの演出によって確かに観る人によっては退屈に感じる映画なのかもしれないが、私には逆に日常生活の節々にある張り詰めたような緊張感が感じられ、みているあいだじゅう退屈する暇などなかった。

劇場公開はいまだに未定だという。どうにかならないものか。

 

「七日」

渡辺 紘文監督作品。大田原愚豚舎制作。

VANDALISM渋谷2周年フェスティバルで1日だけの上映があったのを観ました。

渡辺監督は、昨年、東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門で作品賞を受賞した方です。

一作目の「そして泥船はゆく」二作目の「七日」も映画祭で上映され、そして三作目の「プールサイドマン」で並みいるノミネートの中グランプリをとりました。素晴らしいことです。

しかし、「七日」は残念ながら未だに劇場公開されてないそうで。今回はVANDALISMのオーナーで映画監督の宇賀那健一監督が、フェスの目玉に観たい映画の上映会を企画された、その中の1本でした。

今月は宇賀那監督の「黒い暴動」に出会い、それでこの上映会を知りました。渡辺監督とは以前にお会いしていて、でも作品を観る機会がなく残念に思っていたので、今回の上映会はまたとない機会でした。

「七日」検索してみてください。監督ご本人もFBやアメブロに書いてます。映画祭では賛否両論、途中退出者も多かったとか。

そのまえぶれと、モノクロだということ、台詞がない、監督ご自身が出演したと、そのぐらいの情報で今回観ました。

そして110分、台詞はなくても映像と音楽と自然の中の音で十分あきません。モノクロ、あの稲刈りの終わった後の冬に向かう田んぼの風景やまっすぐな一本道、牛小屋などモノクロが似合ってます。淡々と、ただ淡々と。飽きないで見られる人ばかりじゃないとも思いますが、私はしっかり観ることが出来ました。

おばあちゃんとの食事のシーンがあります。100歳に近い監督の実の祖母様だそうですが、その茶の間が特に印象深く残ります。あのゴミ箱あの柄、昔うちにもあったよ、祖母が生きてる頃は。こたつの脇の三ツ矢サイダー、農家の年寄りが好きなの知ってますか?監督は知ってたのかな〜。サイダーって古くからあって、きっとお年寄り世代の思い出の味なのかな〜。あと扇風機、秋も深まってるのに、田舎は出しっぱなしなのよね〜。ストーブが出てきても一緒に並んでたりね。

でももうちょっと欲を言えば、あのおばあちゃんの思い出をもう少し画面に映して欲しかったなぁ。一世紀近く生きてきた人の足跡というか何というか。せっかく100歳近い人が出演してるんですもの、ってそんなこと思いながら観てました。

あと、音楽、良かったです。監督の実弟、渡辺雄司音楽監督のオリジナルだそうですが、この作品、音楽の力、ものすごく大きいです。なんかお腹の底から響いてきてる感じで、私、気に入りました。渡辺音楽監督にお会いしたら、音楽を入れたタイミングはどう決めたのか、そこを聞いてみたいです。

次は「プールサイドマン」劇場公開を楽しみにしてますよ。


2017.3.25

『七日』VANDALISM渋谷での上映が終了致しました。】

 

大田原愚豚舎第2回作品『七日』

VANDALISM渋谷での上映終了いたしました。

平日にも関わらず、想像を遥かに超えるたくさんの方に映画をみて頂き本当に感激でした。

2015年の第28回東京国際映画祭での上映以来、『七日』はなんと東京では1年半ぶりの上映でした。

ご来場下さいました皆様、VANDALISM渋谷スタッフの皆様、そして宇賀那健一監督に心より感謝申し上げます。

今後、『七日』の上映予定は未定ですがまた上映機会がありましたらどうぞ宜しくお願いいたします。

それではまたお会いしましょう。


2017.3.20

【22日、『七日』が渋谷で上映されます。】

 

3月22日(水)、VANDALISM渋谷で開催されるVANDALISMフェスで大田原愚豚舎作品『七日』が上映されます。

 

『七日』は2015年に製作された大田原愚豚舎の第二回作品であり、第28回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門正式出品作品です。

 

開場は15:25より本編110分。

都内ではとても貴重な上映機会となります。

ご興味のある方はぜひご来場いただきご観賞いただけましたら幸いです。

 

それでは22日、渋谷でお待ちしております。

 

【作品解説】

北関東郊外の農村。

時代から置き去られたような牛舎で日々黙然と働く男は、年老いた祖母とふたりで暮らしている。

目覚め、働き、食べ、眠る。

太陽が輝き、雨が降り、風が吹き荒れる。

自然の中で繰り返されるふたりの生活が、台詞を一切排した白黒映像で静謐に、時に執拗に描写される。

『そして泥船はゆく』に続き製作された、大田原愚豚舎の第2回製作作品である『七日』は2015年に開催された第28回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に出品され、途中退席者が続出するなど議論を呼んだ問題作であり劇場未公開作品。

この作品を発表した翌年、大田原愚豚舎は『七日』で用いた手法を踏襲した最新作『プールサイドマン』で、東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門の最高賞である“作品賞”を受賞している。

 

【スタッフ 】

製作/脚本/編集/監督 : 渡辺紘文

製作/音楽監督 : 渡辺雄司

撮影監督 : 方又玹

制作 : 渡辺秀樹 渡辺あけみ

タイトルデザイン : 方在基

特別協力 : 金信德 高久克寿

 

【キャスト】

 男…渡辺紘文

おばあちゃん…平山ミサオ


 2017.3.14

【『プールサイドマン』がフィンランドで上映!!】

 

2017年3月16日から19日、フィンランドのヘルシンキで開催されるHelsinki Cine Aasia(第5回ヘルシンキシネアジア映画祭)に『プールサイドマン』が出品されます。

Helsinki Cine Aasiaは大田原愚豚舎作品『そして泥船はゆく』がはじめて海外上映された、大田原愚豚舎にとっても大変思い出深く特別な映画祭です。

 

今回、再び私たちの映画がフィンランドで上映できることを大変光栄に思います。

Helsinki Cine Aasiaのスタッフの皆様に心より感謝致します。

 

『プールサイドマン』は、映画祭オープニングの16日、Helsinki Cine Aasiaの5周年のサプライズ上映という形で、16日の午後8:30より、Korjaamo Kinoにての上映となります。(詳しくは公式サイトをご確認ください)

http://helsinkicineaasia.fi/en/ohjelmisto/poolsideman/

 

Tarkkaavaisimmat teistä ovat saattaneet huomata nettisivuillamme esittelyn elokuvasta POOLSIDEMAN, jota ei katalogista löydy. Kyseessä onkin Helsinki Cine Aasian juhlavuoden yllätys kaikille teille! Humoristinen POOLSIDEMAN on vuonna 2014 festarillamme vierailleiden Watanaben veljesten tuorein työ. Se voitti Tokion elokuvafestivaalin japanilaisten indie-elokuvien Japanese Splash –sarjan. POOLSIDEMAN nähdään festivaalin avajaispäivänä torstaina 16.3. Korjaamo Kinossa. Katso tarkemmat tiedot alta.

 

Some of you may have noticed that on our website there is a description of the film POOLSIDEMAN which is not in the festival catalogue. That would be because POOLSIDEMAN is our anniversary surprise to you all! POOLSIDEMAN is the latest film by the Watanabe brothers who visited Helsinki Cine Aasia in 2014. The film won the Japanese Splash category for best domestic indie films at the Tokyo International Film Festival in 2016. It will be screened on Thursday 16th March at Korjaamo Kino. See more below.


2017.3.14

 【大田原愚豚舎が毎日新聞にて5日間に渡り特集!!】

 

本日3月14日(火)、毎日新聞朝刊栃木面に大田原愚豚舎の記事が掲載されています。

 

今回の記事は私たち大田原愚豚舎のこれまでの映画製作の軌跡を追ったもので、今年に入り毎日新聞の記者様に何度も丁寧な取材をしていただいていたのですが、今回の大田原愚豚舎の記事は5日間連続で毎日新聞に連載される特集記事となります。

http://mainichi.jp/ch170359841i/%E6%A0%84%E5%85%89%E3%81%AE%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%A0

 

栃木県の皆様、明日からも続く毎日新聞様記事、ぜひ新聞を手にとってご覧ください。


NEW!! 2017.3.1

 

【VANDALISM2周年フェスで『七日』が上映されます】

 

3月21日(火)22日(水)、東京渋谷で開催されるVANDALISM2周年フェスで、第28回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門正式出品作品・大田原愚豚舎第二回作品『七日(2015)』が上映されます。

http://www.jiji.com/jc/article?k=000000046.000013488&g=prt

 

渡辺紘文・雄司兄弟が2015年に製作した映画『七日』は、北関東郊外の農村で祖母と二人だけの生活を送る牛飼いの男の七日間の生活を、全編白黒、セリフ無しで描いた異色の人間ドラマです。

 

上映は3月22日(水)15:45より。本編110分。当日は監督 渡辺紘文によるトークも予定されております。

 

貴重な上映機会となりますので、皆様、この機会にぜひご観賞くださいますよう宜しくお願いいたします。

 

 

■予約サイト:

https://reserva.be/vandalism/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=3eeJwzMjayMAUAAwYBBQ

 

■『七日』公式サイト:

https://7days-foolishpiggiesfilms.jimdo.com/


NEW!!2017.1.1

 

謹賀新年 HAPPY NEW YEAR 2017

 

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は映画『七日』ならびに大田原愚豚舎をあたたかく応援くださり、誠にありがとうございました。

2017年、大田原愚豚舎は『七日』と最新作『プールサイドマン』の公開、そして新たな映画づくりに向かってより精力的に邁進してゆく所存です。

この新しい年が皆様にとって幸多きものになりますよう心からお祈り申しあげております。

本年もどうぞお願いいたします。

 

2017 元旦 映画制作集団 大田原愚豚舎


NEW!! 2016.12.31

 

【みなさま、今年もたいへんお世話になりました。よいお年をお迎えください。】

 

大晦日となりました。

 

皆様、今年も一年間、色々お世話になりました。

 

2016年は大田原愚豚舎最新作『プールサイドマン』が『そして泥船はゆく』『七日』に続き、東京国際映画祭に三作品連続の出品を果たし、さらに日本映画スプラッシュ部門の最高賞である作品賞を受賞するなど、大田原愚豚舎にとって本当に大きな一年となりました。

また『そして泥船はゆく』の青山シアターでの配信開始、モンゴルの映画人との交流を深めたチンギス・ハーン国際映画祭への出品、『七日』の大田原上映や海外映画祭への出品など思い返してみると本当にたくさんの出来事がありました。

 

大田原愚豚舎一同、日頃より応援してくださる皆様に心より感謝申し上げます。

来年もさらなる飛躍をめざして大田原愚豚舎は愚直に努力を重ね、映画づくりに邁進してゆく所存です。

 

それでは皆様、また来年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

よいお年をお迎えください。

 

2016年12月31日 大田原愚豚舎一同


2016.10.7

【お知らせ】

大田原愚豚舎作品『七日(2015)』が、2016年10月23日から29日、イタリアのローマで開催される映画祭Detour On the Road Film Festival 2016に出品されます。
『七日』の上映は現地時間25日の20:30より。

詳細は、映画祭公式ホームページにてご確認下さい。  

http://www.cinedetour.it/newsletter/2016/10/25/7days-otr-ff-2016-in-competition/

FOOLISH PIGGIES FILMS “7Days” will be screened at Detour On the Road Film Festival 2016 to be held in Rome!!

The Road   Official Selection   In Competition   Anteprima italiana

7Days(七日/Nanoka)

 

Directed by | Regia di Hirobumi Watanabe

Japan 2016, 110′, english o.v, sott. italiano

In un villaggio di contadini a nord di Tokyo, un uomo vive con la nonna e lavora ogni giorno in una stalla che sembra il relitto di un’altra era. La loro routine si ripete costantemente in armonia con la natura. Soli protagonisti del film sono il regista stesso e la sua nonna di 98 anni. 

In a farming village north of Tokyo, a man lives with his aging grandmother and works day after day at a cow shed that looks like a relic from another era. Their routine repeats in tune with nature, portrayed tranquilly and persistently in black and white without words. The film stars director Hirobumi Watanabe and his 98-year-old grandmother, and features Bang Woohyun Bang’s powerful cinematography and the strong presence of Yuji Watanabe’s music.


>Proiezione: Mar 25 Ott ore 20.30 / Screening: Oct 25 Tue h8.30pm

>Cinema Detour, Via Urbana 107 Roma



NEW!! 2016.10.6

第29回東京国際映画祭 日本映画スプラッシュ部門 正式出品作品

大田原愚豚舎第三回作品

映画『プールサイドマン』の予告編が公開されました!!


NEW!!2016.9.27

【情報解禁!! 渡辺紘兄弟最新作・大田原愚豚舎第三作『プールサイドマン』始動!!

 第29回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門正式出品決定!!

 

お知らせです。

大田原愚豚舎最新作『プールサイドマン』が第29回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門へ正式出品されます!!

『七日』に続いて2年連続、また『そして泥船はゆく』から数えて三作連続のTIFF出品となりました!!

http://2016.tiff-jp.net/en/lineup/works.php?id=74

 

脚本・監督 渡辺紘文、音楽監督 渡辺雄司、撮影監督 方又玹、主演はこの作品が映画初出演となる今村樂!!

 

ワールドプレミアは2016年10月!! 皆様お楽しみに!!

 

【作品解説】

狂気や悪意が蔓延する世界で孤独なプール監視員が起こした驚愕の事件とは…⁉ 『そして泥船はゆく』『七日』の渡辺兄弟が日本社会の歪みをあぶり出し、不可解な現代日本人像を追究する衝撃作。

 

【作品情報】

 

staff

製作総指揮/脚本/編集/監督 : 渡辺紘文

製作総指揮/音楽監督 : 渡辺雄司

撮影監督 : 方又玹

製作 : 渡辺秀樹

製作 : 渡辺あけみ

特別協力 : 今村幸治郎

特別協力 : 今村京子

 

cast 

今村 樂

渡辺紘文

  

戸田古道

鈴木 仁

武田美奈

かりん

 

中山真由美

中川文子

蜂巣友紀子

 

黒崎宇則

平山ミサオ


NEW!!2016.7.6

【大田原愚豚舎の渡辺雄司がCM音楽を手掛けました!!】

 

これまで大田原愚豚舎作品『そして泥船はゆく』『七日』の音楽監督を務めてきた作曲家 渡辺雄司が自身初となるCM音楽を手掛けました!!

 

監督はなんと山内ケンジ監督です!!

 

素晴らしいコラボレーションが実現しました!!

 

皆様、ぜひご覧ください!!

 

■静岡新聞SBS CM 超ドS「静岡兄弟」篇 120秒:https://www.youtube.com/watch?v=Nfb95SyqlrA


NEW!!2016.6.24

【大田原愚豚舎第二回作品『七日』海外映画祭出品決定!!】

 

お知らせです。

 

第28回東京国際映画祭正式出品作品・大田原愚豚舎第二回作品『七日』が6月30日よりペルーのリマで開催されるFestival de Cine Lima Independienteへ出品されます。

 

『七日』はこれが海外への最初の出品、大田原愚豚舎作品としてははじめての南米上陸となります。

  

果たして『七日』はペルーの人たちにどのように受け止められるのでしょうか。

 

それでは続報をお待ちください。

 

https://www.facebook.com/Cinelimaindependiente/posts/1077921995608447

 


NEW!!2016.4.25
【映画『七日』大田原上映無事終了。】

 

4月24日(日)、那須与一伝承館で開催されました大田原愚豚舎作品『七日』の上映会、無事終了いたしました。

ご来場いただきました皆様、上映にご協力くださいました皆様、まことにありがとうございました。

これにて二週に渡って開催いたしました映画『七日』の大田原市での上映の日程は全て終了となります。

 

今回見逃してしまった方は『七日』の次回上映までいましばらくお待ちください。

大田原愚豚舎第二回作品『七日』の今後の上映予定は現在未定ですが、来月5月、大田原愚豚舎第一回作品『そして泥船はゆく』が茨城県水戸市のCINEMA VOICEにて上映されます。おたのしみに!!

http://www.voice-mito.com/archives/1926

それでは皆様、次回は水戸でお会いしましょう!!


NEW!!2016.4.17

【『七日』大田原上映、初日・二日目、無事終了。】

 

4月16日(土)、4月17日(日)、大田原市総合文化会館、大田原市ピアートホールでの大田原愚豚舎上映会、無事終了致しました。

 

ご来場いただきました皆様、上映にご協力くださいました皆様、まことにありがとうございました。

 

映画『七日』は今週24日、大田原市 那須与一伝承館で上映致します。

http://www.nasuno-yoichi.jp/yoichi.html

 

今週を逃してしまいますと『七日』の上映予定はしばらくございませんのでぜひお見逃しのないよう宜しくお願い致します

 


NEW!!2016.4.15

【下野新聞朝刊に『七日』の記事が掲載】

 

2016/4/15

下野新聞朝刊 栃木面にて映画『七日』の大田原上映の記事が掲載されました。

 

下野新聞様、ありがとうございました。

 映画『七日』は4月16日、17日、24日にいよいよ愚豚舎地元・栃木県大田原市で上映となります。

 

皆様、ぜひご来場くださいませ。

 

■渡辺監督の映画「七日」を上映

 

【大田原】

昨秋の東京国際映画祭で日本映画スプラッシュ部門にノミネートされた紫塚3丁目、

映画監督 渡辺紘文さん(33)の作品「七日」の上映会が、16日から市内で開かれる。

感謝の意味を込め、全国に先駆けて地元で開催。渡辺監督は、音楽監督を務めた同所、

弟 渡辺雄司さん(30)と共に毎回舞台あいさつする。

「七日」は一緒に暮らす「牛飼い」の男と祖母の生活を描いた、せりふのない異色作。

市内と那須町で撮影、モノクロ110分。映画製作集団「大田原愚豚舎」製作。

渡辺監督は「一見同じに見える営みの中にも豊かな感情があることを描きたかった。

市のみなさんの協力があってできた」と話す。

上映会は、16日は市総合文化会館、17日は市ピアートホール、24日は市那須与一伝承館で、いずれも午前10時と午後2時の2回。17日のみ前作「そして泥船はゆく」を上映する。

鑑賞料金は各回1千円、当日販売。

NEW!!2016.4.9

【毎日新聞朝刊に『七日』の記事が掲載】

 

2016/4/8

毎日新聞朝刊 栃木面にて、映画『七日』の大田原上映の記事が掲載されました!!

皆様、ぜひ、ご覧ください!!

 

毎日新聞様、ありがとうございました!!

 

映画『七日』は4月16日、17日、24日にいよいよ愚豚舎地元・栃木県大田原市で上映となります。

 

皆様、ぜひご来場くださいませ!!

http://mainichi.jp/articles/20160408/ddl/k09/200/078000c

 

【大田原を拠点に製作  渡辺監督、地元で上映会 東京国際映画祭出品「七日」 16日から /栃木】

 

地元・大田原市で映画製作を続ける渡辺紘文監督(33)が同市内や那須町で撮影し、昨年の第28回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に出品された「七日」の上映会が16日から、大田原市内で開かれる。

 

渡辺監督は弟で音楽監督の雄司さんらとともに2012年10月に映画製作集団「大田原愚豚舎」を設立。低予算でも質の高い映画作りに取り組んでいる。

 

「七日」は、北関東郊外の農村を舞台に、祖母と2人で暮らす牛飼いの男の7日間の生活を描いた110分のモノクロ作品。俳優の経験もある渡辺監督が牛飼いの男を演じ、祖母役は渡辺監督の実の祖母、平山ミサオさん。キャストは2人のみで、せりふは全くない実験的な作品となった。

 

上映会は、16日=大田原市総合文化会館(午前10時、午後2時)▽17日=同市ピアートホール(午後2時)▽24日=那須与一伝承館(午前10時、午後2時)−−の市内3会場で行われる。

 

各回で渡辺監督と雄司さんの舞台あいさつも行われる予定。17日の上映会では、午前10時から英国・レインダンス映画祭など6カ国の映画祭に出品された前作「そして泥船はゆく」(2013年)の特別上映もある。

 

渡辺監督は「テレビドラマや商業映画の観点から言う『面白さ』とはかけ離れた作品かもしれないが、世界にはこのような映画も存在するのだと知ってもらえればうれしい」と来場を呼び掛けている。

 

当日券のみの販売で、1000円。開場とチケット販売は、各回上映開始時刻の30分前を予定している。【加藤佑輔】

NEW!!2016.4.9

【“とちぎ朝日”に『七日』の記事が掲載!!】

 

2016/4/8

 「とちぎ朝日」に、大田原愚豚舎第2回作品『七日』の大田原上映についての記事が掲載されました!!

 

皆様、ぜひご覧ください!!

 

「とちぎ朝日」さまありがとうございました!!

 

【大田原愚豚舎の最新作市内で上映会】

 

大田原市を拠点に映画製作を続ける大田原愚豚舎の最新作「七日」の上映会が16、17、24日の3日間、同市内で開催される。

 

愚豚舎は渡辺紘部監督と弟の渡辺雄司音楽監督による映画製作集団。昨年10月開催の第28回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に正式出品された作品だ。

 

県北の自然を舞台に、祖母と暮らす牛飼いの青年の7日間を描いた。

 

キャストは渡辺監督と実の祖母の2人だけ。同市内と那須町でロケが行われ、全編モノクロ【110分】のセリフが一切ない実験的作品だ。

 

2013年の前作「そして泥船はゆく」【88分】は国内外の映画祭で評判を呼び、今年もアメリカで再上映された。5月には水戸市でも上映が決まった。

 

上映会は16日が大田原市総合文化会館ホール、17日は同市ピアートホール、24日は同市那須与一伝承館多目的ホール。いずれも午前10時と午後2時の2回上映。

 

各上映会に渡辺兄弟が来場し、舞台あいさつする。

 

17日午前10時は「そして泥船はゆく」が上映される。

 

チケット【当日券のみ】は1000円。

 

問い合わせは、那須与一伝承館:0287・20.0220

 NEW!!2016.3.9

■4月16日、17日、24日開催。大田原愚豚舎 映画上映会のお知らせ。

 

お知らせです。

 

2016年4月、栃木県大田原市内において大田原愚豚舎最新作・第28回東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ部門正式出品作品『七日』の上映会を開催致します。

 

上映会場は以下の三会場になります。

 

4月16日(土) 大田原市総合文化会館 

4月17日(日) 大田原市ピアートホール

4月24日(日) 那須与一伝承館 多目的ホール

 

各日10時からと14時からの二回上映、チケットは当日券のみで観賞料金は各回1000円となります。

 

尚、4月17日(日)には第26回東京国際映画祭、レインダンス映画祭はじめ国内外10の映画祭に出品された大田原愚豚舎の前作『そして泥船はゆく』も特別上映致します。

 

各上映会場には大田原愚豚舎の渡辺紘文監督、渡辺雄司音楽監督が来場し、舞台挨拶を行う予定です。皆様、この機会にぜひ大田原愚豚舎の映画をご観賞くださいませ。

 

それでは大田原愚豚舎一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

■上映日程 ※ 開場及びチケット販売は、各回開始時刻の30分前を予定しています。

 

4月16日(土)大田原市総合文化会館ホール  ①10:00(七日/ 110分)

                     ②14:00(七日/ 110分)

 

4月17日(日)大田原市ピアートホール      ①10:00(そして泥船はゆく/ 88分)

                       ②14:00(七日/ 110分)

 

4月24日(日)那須与一伝承館多目的ホール  ①10:00(七日/ 110分)

                        ②14:00(七日/ 110分)

 

■ 観賞料金:1000円(当日券のみ) ■ 問い合わせ:那須与一伝承館 0287-20-0220

NEW!!2016.2.3

■大田原愚豚舎最新作『七日』2016年4月、大田原上映決定!!

 

お知らせです。

 

みなさま、大変長らくお待たせ致しました。

第28回東京国際映画祭正式出品作品・大田原愚豚舎最新作『七日』が、

2016年4月、栃木県大田原市で上映されることが正式に決定致しました。

『そして泥船はゆく』以来2年ぶりの新作『七日』漸くのお披露目となります。

上映会場は与一伝承館、大田原市ピアートホール、大田原市総合文化会館を予定しております。

舞台挨拶、上映スケジュール、などの詳細は近日中にお知らせ致します。

それでは続報をお待ちください。

 

NEW!!2016.2.1

【山内ケンジ監督のお言葉】

昨年10月に開催された第28回東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ部門に大田原愚豚舎の新作『七日』が出品されました。

 

同部門に『友だちのパパが好き』http://tomodachinopapa.com/

を出品された山内ケンジ監督が、大田原愚豚舎と『七日』について素晴らしいお言葉を寄せてくださいましたので、監督に許諾を頂きここにご紹介させていただきます。

 

山内監督に心より感謝致します。

 

山内ケンジ監督の『友だちのパパが好き』は現在、全国、そして栃木県の映画館・宇都宮ヒカリ座でも絶賛上映中です。

http://tomodachinopapa.com/theater.html

 

山内監督、本当にありがとうございました。

 

 

■大田原愚豚舎のこと

 

昨年2015年の10月、第28回東京国際映画祭のスプラッシュ部門に私の映画「友だちのパパ好き」が選出されました。他に7本の日本のインデペンデント映画が選ばれ、作品賞は、「ケンとカズ」に与えられました。

ところで私は、その映画際の期間中、城山羊の会公演に向けて台本を執筆していたので、他の作品を一本も見ることができませんした。いまだに悔やんでいます。

8本のスプラッシュ選出映画のうち、私の映画(略して)「友パパ」、「知らない、ふたり」「アレノ」「下衆の愛」など既に公開されていたり、公開が決まっているものはあるのですが(他にももしかしたら公開予定の作品があるかも。間違ってたらすみません)、決まっていないものもずいぶんあります。そもそも、作品賞をとった「ケンとカズ」が、現時点(2016年1月)で公開の声が聞こえて来ていないということが、日本の映画状況のこれでいいんでしょうか感をより強く感じさせます。

で、

私の「友パパ」は、昨年2015年の12月に公開され、渋谷ユーロスペースでの上映は既に終わりました。まだ地方各所や都内でも上映されているので、未見の方はぜひご覧頂きたいと思います。

「知らない、ふたり」は、新宿武蔵野館でやっと観れました。素晴らしい作品でした。ツイッターでも賛辞を送らせて頂きました。こちらもまだシネマート新宿で上映されています。

他のスプラッシュ選出作品もなんとか全部観たいとは思っているのですが、公開されないとどうにもなりません。

が、

もう一本、DVDという形ですが、観ることができた映画があります。

それは、大田原愚豚舎制作、渡辺紘文監督の「七日」です。

大田原愚豚舎というなかなか素敵な名前は、渡辺監督とその兄弟の音楽監督、渡辺雄司氏がふたりで起こした制作集団らしいです。

 「友パパ」「知らない、ふたり」はふたつとも恋愛を扱っていますが、「七日」は恋愛のかけらもありません。しかしこれも素晴らしい作品でした。しかし、この映画も現時点で一般公開が決まっていないようです。

こんなに面白くて先鋭的な映画を、ひとりでも多くの人に観てもらいたいと思います。それで今、この文を書いています。

わたしの映画もお客さんがあまり入らなくて困っているのですが、それでも公開はされています。「七日」も「友だちのパパが好き」同様に公開されるべき映画だと思います。

サイトはここ。http://foolishpiggiesfilms.jimdo.com/

さて、「七日」を観て、ヨーロッパの映画をよく観ている人は、タル・ベーラの「ニーチェの馬」を想起するかもしれません。恐らく渡辺監督も意識していると思われます。

しかし、似て非なるものです。似ているとすれば、「風が吹いている」「寂寥感」「セリフがない」といった要素です。(ニーチェの馬は、実際には少し会話があります。「七日」はゼロです)

長編映画でセリフがない、と聞くと、それだけで、敬遠する人がいるかもしれません。ところがそんな心配は要りません。面白いのです。しかも、笑えます。もちろん、コメディではないので、そういう類いの笑いではありませんが。(「ニーチェの馬」もある一箇所のシーンでだけ笑えるのですが、「七日」はもっと笑えます。再度言いますが、コメディではない)

私はだいぶん長く生きているので、色々な笑いを知っていますが、「七日」の中に生み出されるユーモアは、あまり経験したことのないものです。

笑わせようとすると失敗します。それは誰もがご存じのはず。私も、「ここ、笑うところです」みたいな表現は極力避けます。

しかし、この「七日」は、避けるどころか、笑わせようとする作為は微塵もない。しかし、笑ってしまう。なぜか。

これを解説するのは難しいです。ご覧頂くしかないのですが、ひとつの要素として、映像と音楽のマッチング、ということがあります。

例えば、男が田舎道を歩くだけの映像、牛厩舎で牛たちがエサを食べているだけの映像に、渡辺雄司氏作曲の計算された音楽が付くと、妙な不安感に襲われたり、狂気じみたユーモアを感じる。登場人物はふたりだけ、監督が演じる30代の男と祖母で、ふたりの単調な生活が描かれるわけですが、もちろん一言も会話をせずに一緒に食事をし、見るともなくテレビを見る。男は毎日家事をし、牛の世話をする。それのどこが面白いんだ、と言われるかも知れないが、これが面白いのです。そして、男はいつもとは違う、墓参りをする。それ以上のことは起きない。事件もなにも起きない。しかしその、ひとりで行う墓参りがとてつもなく大きな出来事に感じてしまう。これはどうしたことか。

この不思議な感覚こそが「演出」だと思います。俳優に対しての演出ではなくて、映画としての演出です。映像と音楽と構成。

この大田原愚豚舎は、「七日」の前、13年に「そして泥船はゆく」という作品を発表していて、これも、TFFのスプラッシュ部門に選出されていて、これは短期間ながら一般公開されています。

この前作は、海外の映画祭にずいぶん招待されているようです。

私も見ましたが、これは「七日」とはまったく違って、渋川清彦主演の会話劇です。「ストレンジャーザンパラダイス」かと思いきや、最後でシュールな展開(いや理屈はちゃんと通っているのだが)になるコメディと言えます。3.11直後の北関東の田舎という要素もうまく取り込まれています。面白いです。でも普通に面白い。

私がとても興味を抱いたのは、「そして泥船はゆく」の次になぜ一転して「七日」のような映画を作ったのか、ということです。この方向転換はとても勇気がいることではないか、と思うからです。

しかも、これほどスタイルを変えたのに、独特な、寂寥感の横溢したユーモアはちゃんと残っている。いや、それどころか研ぎ澄まされている。

もちろん低予算の制作費(50万円前後、と記事には書いてありました)という条件などもあるでしょうが、もちろんそれだけではないはず。渡辺監督にお会いする機会があれば、その思考の経緯を是非お聞きしたいところです。

今後、大田原愚豚舎制作の、この2本の映画が上映される機会があれば、いや、必ずどこかであると思うし、DVDにもいずれなると思います。まだ未見の方はぜひご覧頂きたいと思います。

NEW!!2015.11.17

 

大田原愚豚舎作品『七日』公式サイト【記事/MEDIA】を更新いたしました。

http://7days-foolishpiggiesfilms.jimdo.com/%E8%A8%98%E4%BA%8B-media/

 

■2015.10.12 下野新聞朝刊に『七日』が掲載。

■2015.10.23 毎日新聞朝刊に『七日』が掲載。

■2015.10.24 朝日新聞朝刊に『七日』が掲載。

■2015.10.26    映画.comに  『七日』が掲載。

■2015.11.17   伊・映画サイトに『七日』のレビューが掲載。

■2015.11.17   映画サイトIndie WIREに渡辺紘文のインタビューを含む記事が掲載。

■2015.11.17     東京国際映画祭『七日』上映終了後に行われたQ&Aの模様を掲載。 

NEW!!2015.11.1

【第28回東京国際映画祭、閉幕。】


第28回東京国際映画祭、閉幕致しました!!


映画祭関係の皆様、映画祭スタッフの皆様、ボランティアの皆様、学生応援団の皆様、映画祭にご来場くださいました皆様、映画『七日』を応援してくださいました皆様、まことにありがとうございました!!


祭りの余韻冷めやらぬ今日ではありますが、私たちは『七日』の上映・公開に向けて、そして新たな作品に向けて、これからさらに精力的に動いてゆきます。


皆様、今後とも何卒応援のほど宜しくお願いいたします。

写真は、東京国際映画祭クロージングパーティーにて。

東京国際映画祭・プログラミングディレクター・矢田部吉彦さん。

『知らない、ふたり』今泉力哉監督。

『スプリング、ハズ、カム』吉野竜平監督、南陽さん。

『七日』監督・渡辺紘文、音楽監督・渡辺雄司。 

審査委員長・ブライアン・シンガー監督。

『知らない、ふたり』主演女優・青柳文子さん。

『七日』監督・渡辺紘文、音楽監督・渡辺雄司。 

皆様、本当にお疲れ様でした!! そして、本当にありがとうございました!!

それではまた

皆様とお会いする日を楽しみにしております!!


大田原愚豚舎

2015.10.28

【TIFF『七日』の上映日程が終了。】

第28回東京国際映画祭での『七日』の上映日程が本日ですべて終了致しました。

期間中、『七日』をご観賞くださいました皆様、まことにありがとうございました!!

大田原愚豚舎はふたたびこの場所へ戻ってくることができるよう、よりいっそう精力的に映画作りへ邁進してまいります!!

皆様、今後も、厳しく、あたたかい目で大田原愚豚舎を見守っていただけましたら幸いです。

ご来場いただきました皆様、東京国際映画祭ご関係者の皆様、本当にありがとうございました。

2015.10.26

【映画.comに『七日』が登場!!】

 

2015年10月25日(日)、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて『七日』がワールドプレミアを迎えました。

映画上映後に行われたQ&Aの様子を映画.comさまが記事としてけいさいしてくださいましたのでご紹介させていただきます。

 

ぜひご一読くださいませ!!

http://eiga.com/news/20151026/12/

 

【渡辺紘文監督、2作連続で98歳の祖母が出演「私は女優」にニッコリ】

[映画.com ニュース] 

 

渡辺紘文監督作「七日」が10月25日、第28回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門で上映され、主演・脚本を兼ねた渡辺監督と、渡辺監督の実弟で音楽を担当した渡辺雄司氏、撮影監督のバン・ウヒョン氏が、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われたティーチインに出席した。

 

映画は、北関東郊外の農村を舞台に、牛舎で日々黙然と働く男と、年老いた祖母とのふたりで暮らしを静かに描く。自然の中で繰り返されるふたりの生活が、セリフを排した白黒映像で映し出される。“おばあちゃん”役の平山ミサオさんは、渡辺監督の実の祖母で、2年前の第26回東京国際映画祭の同部門に出品された渡辺監督作「そして泥船はゆく」に続き、2度目の映画出演を果たしている。

 

渡辺監督は、98歳の実祖母の出演について

「前作のときは映画を撮ると言っても全然気にしていなかったが、前作がいろんなところでかかった。デイサービスに行くと“女優さん”と言われたりして、今作では『私は女優だから』という感じになっています(笑)」とほほ笑ましいエピソードを披露した。

 

また、観客からハンガリーの鬼才タル・ベーラ監督の作風に近いとの意見があり「インスパイアされたか?」と質問が飛ぶと、「タル・ベーラ監督が好きで見てはいますが、ベーラ監督はじめヨーロッパの映画と僕たちの映画が違うのは、神さまの位置が違うところ。僕が今回描いた作品で自然があんなにたくさん出てくるのは、八百万神、生命のようなものを描こうとしていたからです」と明かした。

 

さらに、今作のバジェットにも言及し、「『そして泥船はゆく』はプールの監視員をして貯めた50万円で製作しました。今回はそれよりも低い。スタッフも4人から3人になりました(笑)」と自嘲気味。しかし「追い込まれるといろんなアイデアが浮かぶということは身に染みた」と低予算映画の醍醐味を伝えた。今作も「激烈な賛否両論を呼んでいる」というように「面白いと言ってくれる人もいれば、ゴミだという人もいるから映画は面白い。常に挑発的な、攻撃的な面白い作品を作り続けていきたい」と今後の展望を語った。


‘I’m an actress!’

Director Hirobumi Watanabe’s 98 year-old grandmother beams with a smile for being able to perform as an actress twice in a row!

©2015 TIFF

■Director Hirobumi Watanabe’s film 7Days was screened on October 25 as part of the Tokyo International Film Festival’s Japanese Cinema Splash section. The director, who also stars in the film, appeared together with younger brother and musical director Yuji Watanabe, and cinematographer Bang Woohyun, at the TOHO CINEMAS Roppongi Hills for a teach-in about the film.


Set in a farming village in the outskirts of northern Greater Tokyo (Kanto) area, the film depicts the quiet life of a man who lives with his aging grandmother and works day after day at a cow shed. The pair repeat their daily routine in tune with nature, all portrayed in black and white without words. Actress Misao Hirayama, who plays the role of “Grandma”, is director Watanabe’s actual grandmother. This is her second appearance in the feature films, the first being And the Mud Ship Sails Away…, which was screened two years ago as part of the same section at the 26th Tokyo International Film Festival.


Watanabe spoke to the audience about working with his 98 year-old grandmother. “When making the first film, I’d tell her that I’m going to start recording but she wouldn’t care at all, but the film was big in a variety of ways. When her nurse visited every day she’d be greeted ‘Madam Actress’, so for this film she’s become like, ‘Well, I am an actress, so…’,” he grinned.


One audience member compared Watanabe’s film style to that of acclaimed Hungarian director Béla Tarr, and asked, “Does he inspire your work?” Watanabe answered, “I enjoy Béla Tarr and watch his films, but with Tarr and all European films, the difference with my film is that the position of God. In this film, nature appears so much because I wanted to depict Ya-o-yorozu no kami (Shinto) gods meaning “uncountably many” and life itself.


Watanabe also spoke about the film’s budget. “To make And the Mud Ship Sails Away…, I worked as a lifeguard at a swimming pool to raise 500,000 yen. This film took even less. Even the crew members dropped from four to three,” he chuckled self-deprecatingly. But he spoke of the positives of working on a low-budget film. “I really learned that, when you become cornered you think of all kinds of ideas.” Watanabe expects that the reception of this work will be “either love it or hate it”, but spoke of his desire towards these types of films. “Film is interesting because you’ll have some people that will tell me they found it interesting, but others that will tell me it’s rubbish. I want to continue making films that are consistently provocative, offensive, and interesting.

 

2015.10.25

【『七日』が東京国際映画祭ででワールドプレミアを迎えました!!】


2015年10月25日、大田原愚豚舎『七日』東京国際映画祭でのワールドプレミアを迎えました。

ご来場いただきました皆様、映画をご観賞くださいました皆様、まことにありがとうございました。


映画『七日』

第28回東京国際映画祭での上映は残すところあと一回・28日(水)10:50からの上映のみとなります。


みなさまこの機会にぜひご来場いただき『七日』をご観賞いただければと思います。


何卒宜しくお願いいたします。 

NEW!!2015.10.24

毎日新聞、朝日新聞に、『七日』の記事が掲載。

大田原愚豚舎作品『七日』公式サイト記事(MEDIA)を更新しました。

http://7days-foolishpiggiesfilms.jimdo.com/%E8%A8%98%E4%BA%8B-media/


NEW!!2015.10.22

 

2015年10月22日!!

ついに第28回東京国際映画祭が開幕!!

日本映画スプラッシュ部門に『七日』を出品する大田原愚豚舎の面々もレッドカーペットを歩きました。

『七日』は『そして泥船はゆく』以来2年ぶり、大田原愚豚舎渾身の最新作です。

みなさまぜひご来場くださいませ!!

それでは、映画祭会場でお会いしましょう!!

 

■東京国際映画祭公式サイト:http://2015.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=65

 

【七日・上映スケジュール】

①一回目上映

■10/25 20:00 - (本編110分)

■TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN3

■Q&A 登壇ゲスト(予定): 渡辺紘文(監督)、渡辺雄司(音楽監督)、方又玹(撮影監督)

■一般料金 ¥1300(税込) 学生料金:¥1000(税込)|学生当日料金:¥500(税込)

 

②二回目上映

■10/28 10:50 - (本編110分)

■TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN8

■Q&A 登壇ゲスト(予定): 渡辺紘文(監督)、渡辺雄司(音楽監督)、方又玹(撮影監督)

※登壇ゲストはすべて予定です。 変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

■一般料金 ¥1300(税込) 学生料金:¥1000(税込)|学生当日料金:¥500(税込)

NEW!!2015.10.13

大田原愚豚舎作品『七日』公式サイト劇場情報(THEATER)、記事(MEDIA)を公開しました。


『七日』劇場情報/THEATER:

http://7days-foolishpiggiesfilms.jimdo.com/%E5%8A%87%E5%A0%B4%E6%83%85%E5%A0%B1-theater/


『七日』記事/MEDIA:http://7days-foolishpiggiesfilms.jimdo.com/%E8%A8%98%E4%BA%8B-media/


2015.10.10

【下野新聞朝刊に『七日』が掲載されました!!】

 

2015.10.10

下野新聞朝刊に、大田原愚豚舎最新作『七日』の記事が掲載されました。

http://www.shimotsuke.co.jp/category/life/personality/news/20151010/2108816


下野新聞さま、ありがとうございました。

 

【大田原の渡辺監督・2作目「七日」が完成・実験作、せりふなし110分・東京国際映画祭で上映へ】


【大田原】

紫塚3丁目、映画監督渡辺紘文さん(33)の新作「七日」が完成した。

県北を舞台に、せりふが一切ない実験的な作品で、22~31日に東京都内で開かれる第28回東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ部門にノミネートされた。

デビュー作「そして泥船はゆく」に続いて2作品連続の快挙で渡辺さんは「どう評価されるか不安もあったが、選ばれていいチャンスをもらった。前作より自信作」としている。

大田原を舞台に怠惰な若者を通して生きるとは何かを問うた「そして泥船はゆく」は喜劇だったが、「七日」は一転、一緒に暮らす「牛飼い」の男と祖母の7日間の生活を静かに描き、芸術性の高い作品となった。

5月中旬~6月上旬、市内と那須町で撮影しモノクロ、110分。映画製作集団「大田原愚豚舎」が製作した。

前作は6カ国九つの映画祭で主に招待出品され、国内外で反響を呼んだ。

渡辺さんは「次に何ができるのか」と自問し「人間の奥底にあるものが、自然に出てくるような作品を撮りたい」との思いを今回の脚本に込めた。

俳優の経験を生かして自身が男役、祖母平山ミサオさんを祖母役とした。キャストはこの2人のみ。

前作同様音楽監督を務めた弟の渡辺雄司さん(30)も「(学んできた西洋音楽から離れ)今回は日本的音楽を追求した」と新たな音づくりに挑んだ。

「七日」は日本映画スプラッシュ部門8作品の一つとして同映画祭で25日、28日の2回上映される。渡辺監督は「この映画がどう判断されるのか不安と同時に楽しみ」と述べた。

2015.10.10

【シネマカフェ・MOVIEブログにて『七日』が紹介されました!!】

お知らせです。

東京国際映画祭・プログラミングディレクター・矢田部吉彦さんによる、シネマカフェ・MOVIEブログの中で、大田原愚豚舎作品『七日』が紹介されました!!

http://www.cinemacafe.net/article/2015/10/09/34755.html

『そして泥船はゆく』以来、2年ぶりとなる大田原愚豚舎最新作『七日』は、今月22日より開催される第28回東京国際映画祭にてワールドプレミア、遂にそのベールを脱ぎます!!

どうぞ皆様おみのがしなく!!

2015.10.9

 

【第28回東京国際映画祭・登壇者情報】

 

今月10月22日から開催される第28回東京国際映画祭。

映画祭会期中『七日』の上映は2回行われますが、上映での登壇者が発表されました。

 

『七日』は10月25日、20:00~

     10月28日、10:50~の二回上映となりますが、両日とも

     渡辺紘文(製作・監督・脚本・編集・主演)

     渡辺雄司(製作・音楽監督)

     方又玹 (撮影監督)

     

の三人がQ&Aに登壇する予定です。

皆様、ぜひご来場ください。

 

【七日・上映スケジュール】

①一回目上映

■10/25 20:00 - (本編110分)

■TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN3

■Q&A

 登壇ゲスト(予定): 

 渡辺紘文(監督)、渡辺雄司(音楽監督)、方又玹(撮影監督)

■一般料金 ¥1300(税込) 学生料金:¥1000(税込)|学生当日料金:¥500(税込)

 

②二回目上映

■10/28 10:50 - (本編110分)

■TOHOシネマズ 六本木ヒルズ SCREEN8

■Q&A

 登壇ゲスト(予定): 

 渡辺紘文(監督)、渡辺雄司(音楽監督)、方又玹(撮影監督)

※登壇ゲストはすべて予定です。変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

■一般料金 ¥1300(税込) 学生料金:¥1000(税込)|学生当日料金:¥500(税込)

 

http://2015.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=65

 

2015.10.6

【東京国際映画祭『七日』上映日時のお知らせ】

 

お知らせです。

 

第28回東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ部門正式出品作品『七日』の上映日程が決定致しました。

 

①10月25日(日) 20:00~

②10月28日(水) 10:50~

の2回上映、上映会場は両日ともTOHOシネマズ六本木ヒルズとなります。

 

『七日』の本編上映時間は110分です。

 

鑑賞料は 一般料金 ¥1300(税込) 学生料金:¥1000(税込)|学生当日料金:¥500(税込) となります。

 

チケットの発売日、購入方法等、詳細は東京国際映画祭公式サイトにてご確認下さい。
http://2015.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=65

 

 

2015.10.1

大田原愚豚舎作品『七日』公式サイト。

イントロダクション(INTRODUCTION)、ギャラリー(GALLERY)、この映画をつくった人たち(Creators)を公開しました。

 

 

2015.9.30

大田原愚豚舎作品『七日』第一弾予告編を公開しました。

2015.9.29

大田原愚豚舎作品『七日』が第28回東京国際映画祭・日本映画スプラッシュ部門に出品されることが正式に決定致しました。

 

東京国際映画祭公式サイト:http://2015.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=65

2015・9・27

大田原愚豚舎作品『七日』ホームページを開設しました。